リサイクルトナー

リサイクルトナーデメリットは気にならない

リサイクルトナーにはメリットも多いですが、デメリットも少なからずあります。価格も安く品質も純正品にほぼ劣らないリサイクルトナーですが、純正品に比べると不良品の割合がやや高いと言えます。純正品は全体の1%~2%の割合なのに比べリサイクルトナーの場合、全体の2%~3%前後の不具合が起こる事があります。
この場合の対処法としては予備のトナーカートリッジを用意しておく事です。純正品を1つ購入するより、リサイクルトナーを2つ買った方が価格的にも断然お得だと思います。
デメリットと言っても、数値を見ればわかる通り、純正品との差は1%前後という些細な差です。また、最近のものはより純正品に近い品質を目指し品質改善に努めている会社も多いので、リサイクルトナーの不良品・不具合に対してそこまで神経質になる必要もないかと思います。そして、もう一つのデメリットに色合いが少し変わる事があると言われています。黒インクはそうでもないのですが、カラーインクになると色味がプリンタの機種などによって変わる場合があるそうです。
これは、純正品とリサイクルトナーとでは粉(トナー)の成分が完全に一致していないからだと言われています。しかし、純正と同じ色合いを再現しなければならない場合(広告やデザイン資料など)でなければ十分に使える代物です。
色が薄くなったり掠れるたりする訳ではないので特に問題はないかと思います。